• ホーム
  • 糖尿病の疾患があるならリレンザと日本脳炎ワクチン

糖尿病の疾患があるならリレンザと日本脳炎ワクチン

夏休みや長い有給などを取って海外に出かける人も増えてきましたが、海外渡航は何も楽しいことばかりではないということを把握しているでしょうか。

日本でも感染症などは多くいまだにワクチンの接種や投与治療を行うのは一般的ですが、国によっては日本では当たり前に予防接種が行われて実際に病気にかかることのない感染症でも、海外ではワクチンを接種しておかないと感染してしまう恐れのある病気が多いとされています。

特に、インドやアジア方面に海外良港を予定している人は、あらかじめワクチンの接種を行ってから言った方が良いとえます。
日本脳炎は、子供のうちに定期接種が義務付けられている予防接種ですが、日本脳炎のウィルスを持った蚊によって媒介される急性肺炎で、日本で発症する例は非常に少ないとされていますが、インドやアジアなどはいまでも当たり前に発症する病気です。
インドなどのアジア方面に行かれる人は必ず接種してから行くのが望ましいと言えるでしょう。

また、糖尿病などの代謝疾患を持っている人は、海外に渡航する際には注意が必要と言えます。
インフルエンザは、日本でも寒くなると大流行する感染症の一つですが、海外においても流行する傾向があるとされています。
糖尿病や子供は、免疫力が低いことから年に2回のワクチン接種が望ましいとされていますが、日本でインフルエンザが大流行するのは11月から2月の時期であるため、時期によってはワクチンの接種ができないこともあります。

そのため、糖尿病などの代謝疾患がある人はあらかじめリレンザなどを持って海外渡航した方が良いと言えます。
海外では日本のような保険制度を利用することができないため、インフルエンザにかかった場合の医療費は莫大になることも考えられますので、せっかくの旅行を台無しにしないためにもあらかじめ準備しておくのが良いと言えるでしょう。

関連記事