• ホーム
  • 新生児にリレンザは使用可能?添付文書の内容とは

新生児にリレンザは使用可能?添付文書の内容とは

インフルエンザは感染力の強い病気です。
そのため1歳未満の新生児であっても感染する可能性があり、冬の時期は家族で感染予防に努める必要があります。

新生児や赤ちゃんの場合、母体から免疫力をもらっていますが、その効果は大きくなるにつれなくなっていきます。
免疫力も未成熟なことが多く、すぐに感染症にかかりやすい状態になっています。

様々なものに感染しないように予防接種を行いますが、インフルエンザの予防接種の場合、6か月以上でないと受けることができません。

赤ちゃんがインフルエンザに感染すると、大人と同じように38度以上の高熱や、悪寒、ふるえ、関節痛、喉の痛み、鼻水、下痢といった症状が出てきます。
赤ちゃんの場合、言葉にするのが難しいので、判断しにくいですが、ぐったりしている時間が長く、食欲がない、ひどく熱いといった時はインフルエンザに感染している可能性が高いです。
風邪と間違えることもありますが、市販の解熱剤をむやみに使用するのは控えましょう。
市販の解熱剤の中にはインフルエンザ脳症の原因となるものが含まれていることがあります。

インフルエンザになると、リレンザやタミフルといった薬を使用しますが、新生児から生後6か月未満の赤ちゃんには処方されません。
さらに、リレンザの場合、吸入する薬のため、赤ちゃんでは自分で吸入することが難しく、5歳以上にならないと処方はされません。
リレンザの添付文書にも新生児や5歳未満の子供への安全性は確認できていないと記されています。
1歳ごろになるとタミフルが使用できるので、医師と相談すると良いでしょう。

新生児や赤ちゃんがインフルエンザになった場合は、脱水症状に気を付け、安静にゆっくりと寝かすようにします。
母乳やミルクをこまめに与えますが、イオン系の飲料を飲ます場合は、必ず赤ちゃん用のものを使用するようにします。

関連記事