• ホーム
  • リレンザは子供に服用可能?

リレンザは子供に服用可能?

マスクをかける女性

リレンザは吸入薬です。
インフルエンザウイルスは喉の粘膜や気道部分ついて増殖していきますが、リレンザは薬を吸い込むため、気道部分に薬がつき、よりウイルスに作用しやすくなっています。

また、リレンザに耐性を示すウイルスもまだ見つかっていないため、効果が期待できます。
リレンザは大人だけでなく、子供も使用が可能です。

特に10代の場合は、同じ抗インフルエンザ薬であるタミフルを使用すると異常行動が起こりやすいため、リレンザが処方されます。

ですが、うまく吸入できない5歳以下の子供には処方されません。
気道に貼りついて効果を現すので、副作用も少ないのが特徴の一つです。

そのため安心して子供も使用ができますが、全く異常行動が起こらないわけではありません。
異常行動には飛び降りや、急に走り出す、意味不明の事を話す、歩き回るがありますが、これらの行動はインフルエンザウイルスも関係しています。

特に高熱が出ている時に、異常行動が起きやすいので、薬を使用していても目を離さないようにし、窓には必ず施錠をするようにします。
リレンザを子供が使用する場合、うまく吸い込めなかったり、吸い込んでも吐きだしてしまったりします。

多くの医療機関では、リレンザが処方されるとその場で1回分を練習するので、その時点で感覚をつかむことができます。
吸い込もうと意識してしまうと失敗することがあるので、リラックスして吸入することが大切です。

また、吸入器は水平に持つと、吸いやすいです。
もし、医療機関で練習を行わなかった場合は、帰宅後薬をセットしない状態で練習をしてから、実際に吸い込むと良いでしょう。
リレンザを使用すると次の日ぐらいから熱が下がり始めます。

熱が下がっても必ず最後まで吸入することが大切です。

関連記事