• ホーム
  • リレンザと体力維持、ただし熱性けいれんには注意

リレンザと体力維持、ただし熱性けいれんには注意

クシャミをする女性

インフルエンザというのは、一見すると単なる風邪の症状にも似たところがありますが、実際にはかなり重大な身体への影響をもたらすものですので、日頃からストレスをためたり寝不足になったりせずに、体力維持につとめるとともに、事前にインフルエンザウイルスの予防接種なども受けておいたほうがよいといえます。

インフルエンザにかかってしまうと、せき、のどの痛み、頭痛などの症状は、たしかにふつうの風邪とも共通していますが、そのほかに、筋肉痛や関節痛で全身がだるくなってしまったり、突然に38度以上という高熱を発したりすることがあります。
このように、インフルエンザウイルスに感染してしまった場合、高熱が続く時期がすぎれば、やがては免疫ができてしだいに症状がおさまるものですが、それでは体力が維持できないということであれば、抗インフルエンザウイルス薬を病院などで投与してもらうのがもっとも適切であるといえます。

抗インフルエンザウイルス薬にもいくつかの銘柄のものが登場していますが、たとえばリレンザという銘柄であれば、吸引器がパッケージに付属しているため、この器具を使って、定められた回数だけ、息とともに薬剤を口から吸い込むようにします。
リレンザがこのような形式をとっているのは、ピンポイントでウイルスが増殖しやすい気道粘膜に有効成分を吸収させることができ、しかも部分的であるため副作用なども起きにくいというメリットがあるからです。

抗インフルエンザウイルス薬のなかには、幻覚や異常行動などの副作用が取りざたされているものもありますが、リレンザは副作用は少ないといわれるものの、もともとインフルエンザの高熱は熱性けいれんや脳症などの合併症をともないやすいという傾向があるため、副作用の有無にかかわらず、熱性けいれんなどには注意をしておいたほうがよいでしょう。

関連記事